夫婦坂クリニック

TEL:
03-6421-8755

脂質異常症 (高脂血症)(高コレステロール血症)

脂質異常症(高脂血症)(高コレステロール血症)

脂質異常症は血液中の中性脂肪(トリグリセライド)や、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が基準より高い、またはHDLコレステロール(善玉コレステロール)が基準より低い状態のことをいいます。

以前は高脂血症と呼ばれていました。しかし、善玉のHDL-コレステロールは高いほうが良いので、「高脂血症」や「高コレステロール血症」という病名ではそぐわない点があるため、脂質異常症と呼はれるようになりました。

脂質異常状態(高コレステロール)が続くと動脈硬化を起こします。

動脈硬化は、血管壁が厚く硬くなり血管が狭くなったことを言いますが、これは血管壁の中にコレステロールがたまることが大きな原因です。血液中のLDLコレステロールが増えると、それが血管壁に入り込んでコブ状動脈ができます。動脈硬化が進むと、心筋梗塞・狭心症や脳卒中になることがあります。

 

診療内容

主な疾患や検査